獣医師 イオン動物医療センター幕張新都心 勤務医

獣医師 イオン動物医療センター幕張新都心 勤務医

臨床獣医師としてペットたちと関わり続けながら、猫の特性に配慮した病院を提案していきたい。

獣医師
イオン動物医療センター幕張新都心 勤務医
中途2014年入社/江村美穂子
Q1.  なぜイオンペットを選んだのですか?

元々、リハビリの勉強をしており、米国テネシー大学の公式認定資格「CCRP」を取得していました。
ちょうど知り合いの獣医師がイオンペットに在籍されていて、その先生が整形外科の専門家でいらしたので術後のリハビリの症例を数多く経験できるチャンスと考え入社しました。
また、福利厚生・社会保障などが充実しており、今後のライフステージに合った働き方ができることも魅力となりました。

Q2.  入社して一番驚いたことは何ですか?

実は入社前はイオンペットの病院にはあまり良い印象を持っておりませんでした。
どちらかというと予防医療だけを重視していて病気、ケガの診察や治療についてはどうだろう、という気持ちも持っておりましたので実際入社してみて、診察・治療もしっかりされているし教育制度も充実していることに驚きました。

Q3.  現在の担当業務と、実際に働いて感じたことは?

通常診療、リハビリ診察、プールなどを担当しています。
リハビリの症例を一般病院よりも数多く経験できるのはやりがいになります。

獣医師 イオン動物医療センター幕張新都心 勤務医
Q4.  一番辛かったことは何でしょう?

一般の病院よりも組織的に動かねばならないことでしょうか。例えば必要な機材を申請するときも、社内でその為に動いて下さる方が沢山いらっしゃるので、事務処理を疎かにすることはできません。周囲の方への気配りが必要ですので、ただ診察だけに集中すればいいという訳ではありません。しかし、組織の中で働いていく上で必要なことなので、疎かにしないことを心がけています。
あとは自分でなくても、院内で人間関係のもめ事があったりするとやはり辛く感じます。

Q5.  困った時、大変だと思ったとき、どうしていますか?どのように乗り越えますか?

周囲の人に相談して話を聞いていただきます。
また、自分が勉強して知識を深めることで解決できることもあります。

獣医師 イオン動物医療センター幕張新都心 勤務医
Q6.  これからどのような仕事をしてみたい?

臨床の現場を続けていきたいと思っています。
その上で…私は猫が大好きなので、現在はまだあまり猫の特性に対して気配りされていない病院内の造りを見直して、もっとキャットフレンドリーな病院にしていきたいです。
また、臨床獣医師として、リハビリ科を立ち上げ、浸透させていきたいです。

Q7.  これからイオンペットで働きたいと考えている方へのメッセージをお願いします!

教育制度・福利厚生などがしっかりしているので、臨床の経験を積みたい方にはとても良い職場だと思います。

獣医師 イオン動物医療センター幕張新都心 勤務医